ladygagaonline.com

ナビゲーション: トップ > サプリメントの含有量について

サプリメントの含有量について

サプリメントにもいろいろなジャンルの商品がありますが、
最近、精力剤として扱われてるサプリメントが増えてきたように思います。

マカやトンカットアリなどの素材を使ってるサプリに多く、
含有量などの兼ね合いで、「本当に大丈夫なの?」とつい心配になるものもあります。

心配といっても、「本当に効果があるの?」のほうで、
普通に利用してて過剰摂取の危険性があるものは、ほぼありませんでしたね。
強いて言えば、亜鉛を大量に(30mg前後)配合したサプリメントくらいでしょうか。

そもそもサプリメントに的確な効果を求めるのがおかしな話なのですが、
健康維持や栄養補給などではなく、精力増強だったりED改善を推してるので、
これは実感出来る効果じゃないと、クレームものだろうと心配になったわけです。

そういった精力剤の実際の効果を調べてみたところ、
案の定、↑のサイトのように、全く効かないなどの口コミが満載でしたね。

精力剤系のサプリに、まったく意味がないのかと言われるとそうでもないですが、
「実感できるほど」の効果を求めだすと、現実問題少し難しいと思われます。

ただ、少なくとも「長く飲み続ける」というのは絶対的に必要でしょう。
精力減退というのはそもそも、生活習慣病が関係してる場合が多いですし、
健康体によってED改善が可能なケースであれば、しっかり実感出来ると思います。

そして、普通の健康サプリメントにしても、
「成分含有量」というのがとても重要になってきます。

1日の摂取目安とされる量が、たかだか総重量300mg前後だとまず無理でしょうね。
自分が調べてた中で、300mg前後の精力剤が非常に多かったです。
これだと成分や素材がどれだけ良質であっても、
量がそもそも足りないという理由から、効果が期待できません。
医薬成分なら50mgや25mgで十分なんですけど、食品はそうはいかないというわけです。

少なくとも1500mg〜3000mgが必要になってくるはずです。
1粒300mgであれば、5〜10粒摂取のサプリメントということになりますね。

精力系のサプリを探す際は、ぜひとも参考にしてみてください。